このウェブサイトのすべての機能をご利用いただくためには、ブラウザの設定によりJavaScript機能を有効にする必要があります。
お使いのブラウザでJavaScriptを有効にする方法 " をご確認いただき、JavaScriptを有効に設定してからご覧ください。

096-357-3322 〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江6-2-24

文字サイズ

病院ブログ

病院ブログの一覧ページです。

『看護の日』に思う

先日5月12日は看護の日…近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日に
ちなみ制定され、全国でも看護協会が中心となって様々なイベントが催されます。
 
「なんで看護師になったの?」と同僚や学生に聞くと、
「母が看護師で影響されて」「キャンディキャンディにあこがれて」
「安定した職業につきたかったから」などといろんな話を聞きます。
 
私はというと、祖父に小学校4年生の時に勧められ、
その後高校生の時に親友が脳血管疾患で倒れた時に
何もできなかった無力さに背中を押され、現在に至ります。
 
看護師生活約30年!病棟だけでなく救急外来や手術室にも勤務してきました。
「忘れられないエピソード」もたくさんありました。
人の生死にかかわる場面では自分の人生さえ変わってしまうほどの衝撃もありました。
 
サリン事件では知人が亡くなり、東日本大震災は勤務中で自分の子供にさえ会いに行く時間がなく
入院患者様の対応(敷地内保育園にいたので安心できてはいましたが)、
思いもつかない未成年の出産等といった数え切れないほどの貴重な場面に立ち会うことができました。
 
急性期の病棟に勤務すると、どうしても看護師がミニドクター化してしまい
患者様の日常生活や退院後のことまで考えられずバタバタしているのが現実…だったと感じています。
 
南部中央病院の看護部長に着任して思うことは、「一生歩いて過ごせることはとても幸せ」ということ!
 
「歩ければ人の世話になることが少なくてすむでしょ。」
やっと子育てから解放されたのに足が痛くて旅行にも行けないと思っていたけど、これであちこち行けるわね。」
 
など患者様とお話する中で、今何不自由なく生活していると
思いもつかないことをお聞きすることもあります。
 
そんな私たちの仕事「看護」って素敵だと思いませんか?
本当に大変な仕事ですけど、こうして患者様と向き合って
退院後の生活により近づきたいと思う看護を提供していけます。
今思えば急性期の時にはできてなかったこと、
していたつもりだったことを可能にしてくれる
南部中央病院との出会いであったように思えます。
 
 
医療法人憲和会 南部中央病院 
看護部長 青木 智美

院長代行 岡嶋先生の歓迎会を行いました。

平成31年4月1日より入職された、
院長代行の岡嶋 啓一郎先生の歓迎会が4月17日に開かれました。 
 
 
岡嶋先生は脊椎疾患を得意とされ、
これまでに10,000件以上の実績を重ねられております。
岡嶋先生の入職により当院の診療領域も広がり、
これまで以上に患者様へ幅広く医療の提供ができる事を
心強く感じております。 
 
 
歓迎会では、病院の変遷(斉藤和病院から南部中央病院、そして医療法人憲和会へと発展)について
一同昔話に花が咲き、わき合いあいと過ごす事ができ、あっという間のひと時でした。

デイケアセンターなんぶえんにてご利用者様とお花見に行ってきました。

デイケアセンターなんぶえんにて
3月29日~4月4日の4日間で
ご利用者様とお花見に行ってきました~♪
 
 
南区の西熊本駅近くの刈草公園に今年も行く事が出来ました。
3月29日はまだ五分咲きで風も冷たかったのですが、天気も良く綺麗な桜を見てきました。
 
4月4日に行った時には満開の桜を見て季節を肌で感じ、感動しました。
 
「わ~きれいね~。」
「桜を見に来れて良かった~。」 
 
と喜びの声が聞かれました。
 
 
 
お花見の後は、近くのイオンでお買いものに行きました。
ご利用者様の中には、「日頃は買い物に行くことがない」と
おっしゃる方も多く、カートを押してお店の中を一緒にグルグル回りました。
皆さまも、パンや果物、お菓子といった久しぶりのお買い物に大変満足頂き、
帰って来ました。
 
皆さんの笑顔の花も咲き、楽しいお花見でした。
 
4月4日には、お花見弁当が出ました。
色とりどりの華やかなお弁当は、ご利用者様に大好評でした。
 

新元号発表 令和(れいわ)

4月1日(月) 11時半・・・
午前中のリハビリを早目に済ませ、
テレビの前に集合し歴史的瞬間を、みんなで今か今かと待ち構えていました。
 
予定より5分過ぎても発表がなく・・・10分過ぎた所でやっと菅官房長官が登場!!
 
みなさん真剣な表情で画面に集中し、ついにその瞬間が来ました。
 
 
 
 
新元号は・・・  令和 れいわ に決定しました!
 
利用者様の中には、大正・昭和・平成・令和と4時代を経験される方々も多くいらっしゃいます。
 
令和の時代も、皆さまが元気に楽しくお過ごし頂けるように強く願いながら、
私たちもサポートができればと思います。

院内勉強会・褥瘡(じょくそう)対策委員会を開催しました。

南部中央病院 褥瘡(じょくそう)対策委員会では3/25(月)に株式会社モルテンより講師をお招きして、「身体にかかる圧の影響と対策(ポジショニングによる対策)」と題し、院内勉強会を開催しました。

褥瘡とは、寝たきり等により体重で圧迫されている場所(お尻や腰骨周囲、かかと、肘等)の血流が滞ることで、
皮膚の一部が赤みをおびたり、ただれたり、傷ができてしまう症状です。
一般的には「床(とこ)ずれ」ともいわれます。

私たちは、睡眠中には寝返りをうったり、長時間椅子に座っている時はお尻を浮かせるなど無意識のうちに同じ部位に圧迫がかからないように(体位変換)しています。しかし、長時間寝たきり等、体位変換を自分で行うことができない場合は褥瘡ができる原因の一つとなります。
褥瘡の対策としては、早期の段階から皮膚症状を察知し、重症化を予防することが重要となります。

今回の勉強会では、体のどの部位が圧迫・摩擦しているかをモニターで色別して測定できるマットレスを使い、実際にスタッフがベッドに臥床(仰向けに寝た状態)し体験しました。

患者様の高齢化や術後患者様の増加に伴い、皮膚トラブルや褥瘡発生率も高くなってきています。
そのため、適切なポジショニング(体位変換+体位保持)や除圧の工夫を考えながら看護しなければならないと痛感させられました。

今後の取り組みとしては、患者様に体(皮膚)への負担軽減を図り、安全・安楽に入院生活をお過ごし頂けるように努めていきたいと考えます。

toggle navigation